保有株は+36万(+3.4%)、マニー超大幅↑

2019-12-30

昨日金曜時点での保有株含み損益は+362,500円。

医療用器具を法人販売するマニー(7730)が1月10日報告の第一四半期の決算短信で、
好業績を報告するサプライズにより、翌日11日の株価が+615円(+14.52%)と強烈な大幅アップとなりました。

僕はマニーの株式を2015年の12月にNISAで買い付けてから3年ほど所有しているけれど、1日でここまで大幅な株価上昇はあまり見たことがないかも。

昨年12月上旬に5,400円の高値をつけていたものの、下旬の大暴落で一時マニーの株価は4,000円を割り込むバーゲンセール(僕はここで200株ほど購入)

今思うと500株くらい買い増ししておけばよかったのだけど、2019NISA用にキャッシュを温存したい、市場が暴落していく中で、さらなる暴落が1月以降に来るかもしれないと慎重になって、ちょっとずつ買っていこうと思ったんですよね。
「落ちてくるナイフは掴むな」という下落トレンドに対する相場の格言みたいなものが世の中にはあるけど、数日間で20%近くの下げを食らう中(僕の運用だと-200万くらい溶けたかな)、130万くらいいくつかの株を買い増ししたものの、どこまで買い込んでOKか?、まだ下がるのでは?を繰り返し自問してました。
でも、こういう時に投資家マインドを問われている気がして、ドキドキしながらも正直毎日ワクワクしてた。

特にマニーとオイシックス・ラ・大地 (3182)、ユニ・チャーム(8113)は握力強く握りつつも、適度に株価が過熱したら、ちょっとずつ手放して利益確定(いわゆる利確)、それでマーケットが再び暴落・調整したら買いを入れていくスタイルでこれからも長期保有前提でやっていきたい。

うちの会社は原則、副業禁止なので他の企業から収入を得ることはできないけど、まだ似たような対応をとっている企業は多いと思う。その点、株式投資は副業規定に抵触しない(そもそも一部上場企業の会社が従業員に株式投資を禁止していたら意味不明だよね)ので、サラリーマンとしての本業の収入のほかに、もう一本の収入の柱というカタチでちょっとずつ始めるのがいいかなと思うし、個人的にとてもオススメしています。

個人的には3本くらい収入の柱があると良いかなと思ってます。

断捨離をして不用品をメルカリやヤフオク、大物はジモティで手放すだったり、ふるさと納税で返礼品をもらうというのも効果的な資産運用だと思います。僕も実際そうしているんですよ。