引越し難民はこの際断捨離して、スーツケースとボストンバッグで引越すのはどう?

2019-12-30

家具のレンタル CLAS(クラス)

過去のエントリーで「引越し難民になってしまったものの、ハイエースをレンタルしてなんとか無事引っ越せました〜^^」と言っておいて、いまさら何言ってるんだお前は、というタイトルではあります。

結論から述べると、短期の転勤・単身赴任、新卒・新大学生の引越し難民は、スーツケースとボストンバッグ程度の「ほぼ手ぶらで引越す」のが実はコスパが高いのではないか?と思ってしまったのです。

2019年の引越し難民問題 
【3/23〜4月8日までがピークの見通し】

不適切請求問題で、超繁忙期を前に強制退場してしまったヤマトホールディングス子会社のヤマトホームコンビニエンス。

そしてその後、1000棟以上もの建築基準法の規定を満たしていない物件が明るみになり、全国の入居者の1万4000人余りに転居をお願いする事態となってしまったレオパレス21の大量施工不良問題。

「引越し難民 どうする?」「引越し難民 救う」「引越し難民 工夫」などでGoogle検索すると、もうとにかく山ほど検索結果が出てきます。いやはや恐ろしい。。。

現在3DKのアパートに住み、次の金曜(つまり3月末!地獄!)に転勤で東京から浜松へ引っ越す前職の後輩の例でいうと、来週の金土のどちらかで引越し業者を探したところ、もはや負荷のキャパオーバーでどこも対応不可。

唯一見積もりを取ってくれた引越し業者の回答は、「土曜ならば50万!!!」と、完全にスーパー売り手市場状態でした。

それで結局、金曜に引っ越すことにしたようです。でも引越しできるのでまだ良かったですよね。

自分(マコクロ)の引越しを振り返ってみると

私の場合、最終的にシェアハウスか実家に引っ越すことを決断したことで、浜松で暮らしていたカウンターキッチン含めて14畳の間取りから6畳の部屋となり、結果として「強制的に荷物を捨てざるを得ない状況」を作り出すことになりました。にも関わらずハイエースにかなりの量の荷物を積んでしまいました。後方視界は見えましたがそんなに余裕もなかったでしたね。

「ハイエースに全て収まるくらいまで荷物を減らさなければならない」

イコール

「ハイエースに積めるなら、その程度までは持っていける。とりあえず持っていこう」

なわけでして、そうなるとやはりそれなりの量を許容してしまいます。

その結果、この始末です(笑)

人は、そこに余白があると埋めたくなる生き物でして、これがもし軽自動車の箱バンだったら、服の他にお気に入りのモノたちである電動アシスト自転車PAS、酵素玄米Pro2(玄米専用炊飯ジャーです)、カーボンヒーター、機内持ち込み用サムソナイトのスーツケース、マットレス(運転席にちょっとオーバーハングしますがギリギリ入ります)。そのくらいまでに削れたかと思います。

あえて引越し先へ持っていったモノ

荷物を減らしたい一方で、「これは某アプリで売れるかも」と思って、あえてハイエースに積んでいった荷物もあります。その一つはカーテンです。

浜松のアパートは実家の一般的な窓より高さがあり、カーテン丈がそれなりに必要なタイプで少し特殊だったのと、1級遮光で中〜高価格路線のインテリアショップで購入したこともあり、割と上質なカーテンでもありました。引越しを手伝ってくれた前職の後輩H川くんが「カーテン捨てちゃうんですか?これ多分売れますよ」と助言をくれたおかげですね。

そんなこんなでつい先日、ちょうど引越しシーズンのタイミングもあってか、出品して2、3日も経たないうちに売れてしまいました。リユースで購入者の方に再び使ってもらえる嬉しさと、自身の生活の補助(こっちの方が切実)になって良かったです^^

14畳から6畳の部屋に引越して1ヶ月、今はどんな状況か?

今、私の実家の部屋はこの1ヶ月の間、毎日ように昔の荷物を処分し、そこから生まれたクローゼットのスペースに浜松から連れてきた新しい荷物たちを収納することで、どうにかこうにかストレスを感じないくらいまで片付いてきています。

でも、やっぱりもっとスッキリさせたいので、ちょっとずつ売ったり寄付したり処分したりしながら断捨離を推進していきます。

例えば収納棚やケースがあると綺麗に整頓できるのは利点ですが、そもそも収納ケース自体を置かなければ、モノを整理して手離さざるを得ないのですよね。そのような視点でちょっとずつやっています。

さて、話をタイトルの件に戻します。

なぜ、断捨離してスーツケースとボストンバッグの「ほぼ手ぶら」が良いのか?

端的にいうと3つです。

  • 引越し難民、引越し日程と費用の見積もり交渉、引越し準備の労力、一連のストレスから全方位で解放される
  • ネットで手軽に手配できる「DMM.comいろいろレンタル」や、家具レンタル「CLAS」などのシェアリングサービスが拡充している
  • フリマアプリ「メルカリ」「ジモティー」で、今使っているモノはそこそこの値段で売れるし、より新しい程度の良い中古が新品より結構安く買える

引越しにかかるエネルギーが馬鹿にならない

引越しにまつわる労力といったら、なんなんでしょうね。運んでくれる業者さんに感謝の気持ちはもちろんあるんだけれども、本当に面倒。

今回の引越しで反省し得た教訓は、「物理的にも心情的にも捨てにくいモノ(洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ)は、あらかじめ手放しやすい環境にしておく」ことです。

具体的には「家電製品は常に10年未満の状態にアップデートしておく」

なぜかと言うと、ジモティーは近所に購入・引き取り希望者がタイミングよく現れればそれに越したことはないのですが、いつ売れるかわからないリスクがつきまといます。

時間的な制約があるときは(大体いつもそうですが笑)、リサイクルショップにまとめて引き取ってもらおうことも考えねばなりません。

ただ一般的な大手のリサイクルショップは下記の制約があります。

  • 故障していないこと
  • 買取時の日付より10年以上経過していないこと

なので、あらかじめジモティーで販売掲示しつつも、直前になっても売れそうな気配がないようならリサイクルショップに持ち込む(もしくは引き取りのお願いをする)のがベターであると実感しました。

「DMM.comいろいろレンタル」は控えめに言って有能

まず、「DMM.com いろいろレンタル」は、昨年、前職の職務上で海外に半年近く滞在し、帰国した10月から今年の3月までのネット回線をどうしようか悩んでいたことが、このサービスを知ったきっかけです。

海外滞在中には、もうほとんど長らく担当していた仕事が年末で区切りがつくことがわかっていたので、自身の進退もそこが区切りの一つだと思っていました。

ただ、私が住んでいた浜松のアパートにはネット回線を各自で準備する必要があり、おまけにそのエリアのWiMAXは速度が正直言って速くない、むしろ結構遅い時間帯がちょくちょくある(実体験)。「遅い」というのは、Youtubeの動画コンテンツやMV、huluの番組を視聴するのに、ひたすら読み込みに時間がかかり、かつ、画質も残念なレベルな時の状態。

それにやたらと「キャッシュバック込みで月々実質〇〇円!」と言いつつ、1年後に1ヶ月間でキャッシュバック申請しないと受け取れない不親切さが嫌いでした。加えて契約期間の2年・3年縛りが本当に面倒。しかも解約するタイミングを間違えると更新されてしまい、解約違反手数料まで取られる始末。使用者の視点に立った販売ではないので苦手です。

フレッツ光も似たような契約形態だし、仮にそれを契約しようにも、浜松エリアは西日本扱いで関東圏の東日本での継続利用ができず、解約違約金だけが発生してしまうという。

私はこの手のサービスを利用するときは絶対に損したくないので、契約した時に必ず、2〜3年後の期限となる1ヶ月前を目安に、iPhoneのカレンダーアプリに「〇〇解約期限 MM/DD」とタイトルをつけてあらかじめ登録しておき、2年後の自分が忘れないようにスケジュールに入れて対応しています。契約した日に設定するのばポイントです。後になると登録を忘れてしまいがちなので。

えーーっ!どうすりゃいいんだ〜と頭を悩ましていたところに、「いや、待てよ。最近レンタル・シェアリングが流行ってんじゃん。そうゆうサービスないの?」と調べたところ、それがあったのです。そう、DMM.comいろいろレンタルサービスでした。

私がレンタルしたSpeed Wi-Fi HOME L01sは、WiMAXのホームルータータイプで、同じ浜松のアパートで使用していても速度は安定して速く、かつ、レンタル価格も最長期間の半年で16,870円。つまり月々2,800円程度。これで1年後、うっかりするともらえなくなるキャッシュバック申請やら、2〜3年の縛りもなく、解約時の手間もない(当初、次の住居はネット無料を前提で選ぼうとしていました)ので、無駄な出費もありません。普通にWiMAXを2年ないしは3年契約しても実質3,000円くらいなのでむしろ安い!救世主にも程があります。

DMM.comいろいろレンタルでは、お宮参り、ベビーカー、チャイルドシート、七五三レンタル、入学式の子供用スーツ、BBQ・キャンプなどのアウトドア用品までレンタル可能です。ちょっとしか使う機会のないものは、もうこれ全部DMMレンタルでいいじゃん!と思うほどラインナップが豊富です。

特に単身赴任の方や、新卒社員、大学生の新入生、試しに使ってみたいもののフィットするかもわからないし、継続して使い続けるか不安な家電を購入候補に挙げている家族には朗報です。

私の場合だと、気になりつつもスペースとるから邪魔だよなぁと、購入を見送り続けてきた裁断機とスキャナの導入(参考書・実家のマンガの自炊)なんか試してみたいです。

配送・設置までコミコミ価格の家具レンタル「CLAS」

次にCLAS。

正直言うと、まだ使ったことのないサービスでして、実感の伴わない勝手な想像での推薦ですが、これは結構アリというか、下記の記事で創業者の方の話は共感できる人は多いんじゃないでしょうか?

私はこの記事、他のネットで漁ったインタビュー記事を読んで、面白いサービスで試してみたいなと感じました。

「CLAS」創業者が語るサービスローンチの想い

ウィークリー(マンスリー)マンション(施工不良は論外)や、最近、若者に定着しつつあるシェアハウス然り、一番の問題は「自分の好みの空間になっていない」こと。

つまり、家電・家具付き賃貸は「好みの家具、部屋の雰囲気に合ったデザイン、色使いでないからストレスが溜まる」ということだと思うんです。

海外に半年近く同じアパートに一人で生活していて感じたのは、期限があらかじめ想像できて(私の場合は半年がせいぜいだろうというイメージ)、かつ、半年以下ならば備え付けの家具でもなんとか我慢できる、というか我慢せざるを得ないけど、それ以上は正直難しいなと思いました。

そういった点で評価するなら、CLASの家具は安物感がなく、万人受けするデザインにも関わらず品があると言うか洗練されています。少なくとも画像からはそう感じました。

確かにレンタル家具ゆえに、家具に毎月費用がかかると言われると、これまでに経験や馴染みがない分、ややストレスに思うかもしれません。

でも、ちょっと視点を変えてみるのはどうでしょうか?

  • 家電も家具もマンスリーマンションを契約するのと同じように考えて、賃貸と家電・家具コミコミで月々いくらか?の視点。
  • 更新料をかけずに2年単位で、いつでも手ぶらで引越しができる気軽さ、ライフステージごとに必要なサイズにベッドやソファを変更できる手軽さ。
  • 転職、転勤、事務所・店舗移動した際でも次の職場の近くに住めばよく、満員電車と無縁。

家賃に家具・家電のコストを切り離さず、生活コスト以外のストレスまで含めてトータルで考えたらトクかもしれない、なんて見方で考えると意外とアリなのでは?と思えてきます。

そして、自分の好きなデザインの家具を自由に借りることができ、配送料、自宅における設置料まで負担してくれます。買うときはインテリアショップから派遣された配送業者さんが組み立てをやってくれますが、処分がとにかく大変ですよね。

そんな時にCLASならば、月々のレンタル金額をしっかり見極めて負担にならなければそんなに悪くないかもしれません。

家具のレンタル CLAS(クラス)

【番外編】マコクロの個人的な最先端ロールモデルなお二人

最後に、私が好きすぎるロールモデルお二人のお話です。

友人や両親にいつも「断捨離」「シンプルライフ」「ときめかないモノは基本全捨て(こんまり先生)」を話します。

「なぜ断捨離して、ほぼ手ぶらでの引越しがコスパの高い選択なのか?」

この問いに対しては、「ロールモデルの存在に影響を受け、徐々にそちら側のマインドが悪くない側の発想であると思うようになった」からです。

ハイエースで引っ越しちゃってるので、完全にいまさらなポジショントーク感否めないんですけどね。。。

もともとのきっかけは、高城剛さんと紀里谷和明さん。

世間の方がわかりやすいキーワードを入れると、高城剛さん(ハイパーメディアクリエイターと呼ばれ、沢尻エリカさんの元夫)と紀里谷和明さん(写真家からMV映像を手がけ、近年では映画監督を務める、宇多田ヒカルさんの元夫)となります。どうでもいいけど元夫だらけですね。

このお二人、信じられないほどモノを所有しません。

高城剛:世界を手ぶらで旅するマルチクリエイター

高城さんは普段、2週間から半年までの滞在期間ならば吉田カバン(PORTER)でタンカーシリーズの10Lデイパックで滞在に必要な荷物はドローンを除き(MacBookとドローンは伊勢丹デパ地下の紙袋に入れて持ち運び)このデイパックで完結するそうです。10Lってほとんど荷物はいりません。

出典元: PORTER / TANKER DAYPACK
URL: https://www.yoshidakaban.com/product/101093.html?p=s&p_series=6221&p_lisize=30&p_lisort=

高城氏曰く「優れたパッキングの秘訣は、持ち物を決める前に容れ物を先に決める点にある。」「パッキングとは本当の「必要」を可視化すること。」

高城さんはそもそも住まいを持たないホテル暮らしゆえ、住所がまずありません(笑)。「住所不定。職業不定。」行き過ぎてます(笑)。

さらに半年以上の滞在から一応大型のスーツケースを持参するらしいのですが、「スーツケースに入らない荷物は所有しない」というポリシーで、そのスーツケースの選定も、酵素玄米の圧力炊飯ジャーがたまたま2つ入るサイズだったからドイツRIMOWAにしたという徹底ぶり。

※酵素玄米は、寝かせ玄米とも呼ばれ、炊飯後に3日間保温・熟成する必要があるので、毎日欠かさず食べようとすると自動的に2つ必要になります(笑)

紀里谷和明:映画監督、写真家

紀里谷和明さんも同じく、所有する荷物はスーツケースに基本全部入るようです(笑)おそらく唯一スーツケースに入らないのは、愛車のハーレーくらいなんじゃないですかね。

また、服を4セット(冬スーツ、夏用リネンスーツ、運動着、映画の仕事でレッドカーペットに登壇する機会が増えたので、最後に追加したのがタキシード)しか所有しないという(変態)黒帯っぷり。キャンプもスーツで行くようです。

こちらのサイトに上記の考えが述べられたご本人のメルマガの抜粋記事があって、結構面白いのでよかったら読んでみてください。

スーツににこだわる理由は、いつ何時素敵な女性とデートするかわからない、その時にちゃんとしたレストランに行くかもしれないだからだそう。120%共感と同意しかありません笑

ちなみにこの紀里谷さん、日本の義務教育を中2の時点で終えています。

理由は小6の時点で父親にアメリカに行かせてくれと懇願し、「頼むから義務教育までは我慢してくれ」と言う親父さんの願いは途中で途切れ、単身で渡米。その時の英語力は英検4級だったそうです。高城剛さん同様にぶっ飛んでますが、今や映画監督ですから。為せば成る、ということを地でいくお方です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

手ぶらの理由は下記でした。

  • 引越し難民、引越し日程と費用の見積もり交渉、引越し準備の労力、一連のストレスから全方位で解放される
  • ネットで手軽に手配できる「DMM.comいろいろレンタル」や、家具レンタル「CLAS」などのシェアリングサービスが拡充している
  • フリマアプリ「メルカリ」「ジモティー」で、今使っているモノはそこそこの値段で売れるし、より新しい程度の良い中古が新品より結構安く買える

時代は確実に変わっています。私は今37歳なので、アナログとデジタルの狭間にいるような世代なんだと思います。

今の若い子はスマホがあればなんでも利用でき、ほとんどの状況を解決できることを知っていますし、実際にやっていますよね。

それがベストかどうかは個々の価値観によるのだと思いますが、まずは試してみて体験してみるのはアリなんじゃないかなと思っています。

家具のレンタル CLAS(クラス)