現金の定期預金や毎月の貯金はどうしているのか

貯金について私のスタンスを紹介してみようと思います。

私は1年間の収入を得ない期間を経てこの4月から転職し、4月から支払われている給料の一部をメインの証券口座に毎月入金しています。年内までは今のところ20万を毎月の追加資金として投入して行く予定で、ゆくゆくは段階的にさらに引き上げていくつもりです。

投資に馴染みのない一般の社会人からすると、この情報だけでは「えっ!毎月20万も株式に全ツッコミ!?」「貯金しないの!?」となるかもしれません。

では、私が4月から毎月定額を貯金しているかというと、実はまったくしていません。

自分にとって必要な生活防衛資金を除くと、あとはもう、いつやってくるのか想像もつかない将来イベントへの多少の備えや、不定期だけど確実に発生する機械式時計を買うための手元キャッシュがあればよく、毎月の現金預金を積立で行うといった行為は今の私には必要がないからです。

私の資産管理の器というか分類を大まかに優先順位も含めてつけて分けると、こんな感じになります。

  1. 生活防衛資金
  2. 日常の生活資金(手元キャッシュ)→ 家計簿アプリのMoneyForward無料版を使って管理
  3. 資産運用資金 → 証券口座にて管理・運用

今現在の私の感覚では、2の手元キャッシュが200万を割ると「薄い」と感じるようで、まさに今それを体感しているところです(汗)

4月から7月にかけて、引越し(実家出戻り組だったので家具家電もそれなりにかかる、、)やら、突如2年越しの奇跡の再開を果たした機械式時計の新規購入でお金を使ってしまったんですよね。。つい(笑)

こういった状況になってようやく「キャッシュのストックを厚くする=補充する」という行動のトリガーが引かれる感じでしょうか。

ですので、「貯金する」というより「補充する」というのが自身の感覚に近い。

そうは言ってもお金が急に増える魔法なんてものは存在しないので、しばらくは機械式時計の購入は控えねばなりませんね(爆)

だからといって必要以上の質素倹約はしないつもり。

日常の気のおけない仲の友人とのご飯や飲みに行ったりはこれまで通りですし、職場の若い同僚たちと飲みに行けば、気持ちよくお金を出す行為も変えないでしょう。

本当に欲しいもの以外は控えること(手放すこと)、それと年末のボーナスで補充できればいいかなぁくらいの感覚です。4月入社なので会社の規定から満額は出ないんですけどね。私が受けたオファー年収における冬の想定賞与の3/4ということです。

私は独身ですので、こんな感じで手元キャッシュを管理しています。

皆さんはいかがでしょうか?

独身以外の方にはあまり参考にならないかもしれませんが、私のケースを紹介してみました^^