保有株含み損益(2021-2-6時点:CW5)

含み損益

今週の保有銘柄の含み損益を紹介します。

CW5はCW4に対して、+194,473円の含み益プラスとなりました。

保有銘柄の株価変動ダイジェスト

それでは個別銘柄を振り返りたいと思います。

  • テノ.H:前週比+69円の株価1,260円(含み損益+9.7万)
  • 塩野義製薬:前週比+178円の株価5,858円(含み損益+7.1万)
  • クイック:前週比+66円の株価1,208円(含み損益+4.0万)
  • マニー:前週比+46円の株価2,817円(含み損益+2.8万)
  • オイシックス・ラ・大地:前週比-15円の株価3,120円(含み損-3.0万)
  • 高配当株:ソフトバンク:前週比+43円の株価1,420円(含み損+3.4万)
  • 高配当株:学究社:前週比+78円の株価1,418円(含み損益4.7万)

おや?ZOZOが見当たりませんね。

そうなんです。ついに利益確定へとバトンが繋がり役目を終えていただきました。前週末時点で2,933円だった株価は金曜の終値で3,585円まで急騰しています。

利益確定:ZOZO

ようやくZOZOをリカクしました。

買い付けた当初はほんの軽い気持ちのスイングトレード的に買いました!と言ってたのですが、結局のところ、保有期間も保有のスタンスも中期投資にしてしまいました。

週末には3,500円を超える株価となったわけですが、天井がどこなのかは誰にもわからないので、私はもともと売却ゾーンとして設定していた3,300円を超えたところでこのZOZOの売買ゲームから降りました。

ZOZO(3092) 3年チャート

最終的には売却益で+188,100円、配当金額+5,700円(どちらも税引前利益)と立派な投資収益となりました。

ただ、スイングで始めたのならこれはあまりにも持ち過ぎです。3ヶ月から半年程度でリリースすべきだったのだと思います。

私はやっぱり損切りできない人間(訓練不足)なんだと思います。スイングトレードだとしても、、、反省ですね。

高配当銘柄:ソフトバンクと学究社が含み益に

一昨年末から買い始めた高配当銘柄のソフトバンクと学究社ですが、ようやく含み損が解消されプラスに転じてくれました。

額としては正直大したことないのですがものすごく嬉しいんですよね、実は。

配当利回りや配当性向はもちろんですが、大前提としてインカムゲインだけでなく売却益が見込めるような銘柄に投資をしているつもりです。評価額が含み益ゼロでも配当が得られればOK!という考えでは銘柄選定をしていません。

ですので、コロナを挟みつつも事業展開に今後も期待でき、業績もそれに応えようと奮闘してくれている。他のブロガーが注目しているわけでも雑誌やネット記事で特集が組まれたわけでもない、自ら探して選んだ銘柄が結果を出そうとしている現状は少額であろうと嬉しいものです。

これはソフトバンクや学究社だけでなく、クイックにも同じことが言えます。こちらは一度損出し・買い戻しまでしているので余計に嬉しいですね^^