保有株含み損益(2020-11−28時点:CW48)

2020-12-06

含み損益

今週の保有銘柄の含み損益を紹介します。

CW48はCW47に対して、+278,808円の含み益プラスとなりました。

保有銘柄の株価変動ダイジェスト

それでは個別銘柄を振り返りたいと思います。

  • テノ.H:前週比+62円の株価1,460円(含み損益+8.7万)
  • マニー:前週比+81円の株価2,611円(含み損益+4.9万)
  • クイック:前週比+35円の株価1,138円(含み損益+2.1万)
  • オイシックス・ラ・大地:前週比+10円の株価3,195円(含み損益+2.0万)
  • ZOZO:前週比+117円の株価2,588円(含み損益+1.2万)
  • トレジャー・ファクトリー:前週比+18円の株価712円(含み損益+0.5万)
  • 高配当株:ソフトバンク:前週比+8円の株価1,287円(含み損益+0.3万)
  • 高配当株:学究社:前週比+40円の株価1,240円(含み損益+1.6万)

今週は全ての銘柄がプラスで終えました。最近は続落傾向が強かっただけに、ひとつとしてマイナスに振れなかったのはずいぶんと久しぶりのことのように思えます。

そういえば今週はマニーの株主優待としてQUOカード3,000円分が届きました。配当金としても年間13,000円程度分配されていますが、基本的に証券口座の買付余力に自動的に回されてしまいます(そういう設定に私が意図的にしているだけなのですが、、)。ですのでこういった形での還元が、唯一、私が株式投資を通じてリアルに享受できる優待となります^^

鬼滅の刃の劇場版も観ました

今週もまたまた株式投資ネタから少し離れてしまいます。

前週のエントリーでは、鬼滅の刃のアニメ版シーズン1を全話完走したことを綴っていました。先週の木曜夜と金曜夜に10話ずつ観て、土曜残りの6話といった具合に一気に観てしまったのですね。

その興奮冷めやまぬまま、月曜の終業後(勤労感謝の日だったので世間は祝日でしたが、自動車メーカー系は基本祝日休みがないので出社日です)、劇場版「無限列車編」が観たくて観たくてついに映画館に行ってしまいました。

翌日に仕事があるにも関わらず、仕事終わりに映画を観に行くなんてこと私がやるなんて、前職の14年間でも数回あったかどうかくらいです。翌日のことを考えなくてもいい金曜や土曜ではなく、なんなら今回に至っては月曜ですからね。自分でも驚きです。

それくらい夢中になっているということですね^^

そして今週末は最寄駅の書店にコミックスがあるかどうか覗いてみると、もう最新巻の22巻を除くと数巻がちょろっとある程度。それどころか次回入荷分の予約はもういっぱいで、そのまた次の予約となるが入荷は未定だと言うのです。

私は電子書籍派なので、仮にアニメが待ちきれなくてコミックス版に手を出すにしても、紙の本が欠品したところでなんら問題ないのですが、どうせなら同じく漫画好きな父親にも読ませてあげたい。

父親はiPhoneを持ったものの、LINEも使えないくらいなので、基本、通話とSMS、ガラケーで覚えたメールの返信程度。iPad使ってKindleで〜というのはたぶん好まないし、きっと目が疲れてしまいます。紙の本はやっぱり誰にとっても読みやすいですから。

しかし、今はAmazonでもメルカリでも中古にしろ新品にしろ定価を超えた価格で取引されていて、現在販売されている全22巻を買おうとすると1万7千円前後してしまいます。

それにしても鬼滅の刃、本当にすごいことになってますね。

結局、父親には私のhuluのアカウントで、私がhuluを利用しない平日の日中にアニメ版の視聴を勧めておきました^^

(昨日たまたま実家に寄る用事があり、実家のテレビが幸運なことにネット接続できるものを購入していたようで、私の方でネット接続を行い、併せてビエラのリモコンを使ってのhuluの視聴方法を父と母に教えてあげてきました)

私も私で、今週末からアニメ版の2周目に突入しています、、、

しばらく鬼滅の刃熱は覚めそうになく、よもやよもやなのでした^^