保有株含み損益(2020-10−24時点:CW43)

含み損益

今週の保有銘柄の含み損益を紹介します。

CW43はCW42に対して、-740,756円の含み益マイナスとなりました。

保有銘柄の株価変動ダイジェスト

それでは個別銘柄を振り返りたいと思います。

  • トレジャー・ファクトリー:前週比+27円の株価707円(含み損益+0.8万)
  • クイック:前週比-14円の株価1,090円(含み損益-0.8万)
  • ZOZO:前週比-243円の株価2,832円(含み損益-2.4万)
  • 塩野義製薬:前週比-95円の株価5,059円(含み損益-3.8万)
  • マニー:前週比-99円の株価2,677円(含み損益-5.9万)
  • オイシックス・ラ・大地:前週比-145円の株価3,300円(含み損益-29万)
  • テノ.H:前週比-226円の株価1,501円(含み損益-31.6万)
  • 高配当株:ソフトバンク:前週比-15円の株価1,200円(含み損益-0.6万)
  • 高配当株:学究社:前週比-7円の株価1,058円(含み損益-0.3万)

絶好調だった週の前半に打って変わって、週後半以降はたたみかけるように大幅下落し、あれよあれよという間に200万近く下げてしまいました。

これほどの値動きは3月以降にはなかったので、なかなか凄まじいインパクトでした。

ZOZOは利益確定したのか!?

「10月29日頃にZOZOの中間決算が発表されるため、このタイミングで利益確定しようと考えています」

と言った内容を前週のブログ記事で記載しておりました。

ご覧の通り、ZOZOは前週に対して-243円と10%以上も大幅下落をしてしまいました。

特に金曜日の1日だけで-218円も下落しています。

これはどうやら、日経平均株価の構成銘柄の定期入れ替えにZOZOが今回新規で採用される可能性が高いという市場の観測に対して、結果的に見送られたことによる失望売りが続出したためと言われています。

当の私はというと、そんな材料を把握せず呑気に決算まで待とうと決め込んでいたため、1つ目の売りぬけるタイミングを逃してしまったのかもしれませんね。

とはいえ、私自身としては今でも十分プラスなのであまり気にしてなかったりもします。日経平均の構成銘柄に関わるような銘柄にはそんな市場の思惑がうごめいているんだな〜ということは今回学べました。

いずれにせよ、ZOZOの決算は来週末です。米国大統領選も近づいてきました。

来週末か再来週か。もう少し待つのか。利益確定の刈り取りイベントを楽しもうと思います^^