保有株含み損益(2020-9−26時点:CW39)

含み損益

今週の保有銘柄の含み損益を紹介します。

CW39はCW38に対して、+226,100円の含み益プラスとなりました。

保有銘柄の株価変動ダイジェスト

それでは個別銘柄を振り返りたいと思います。

  • オイシックス・ラ・大地:前週比+230円の株価3,375円(含み損益+46万)
  • ZOZO:前週比+34円の株価2,807円(含み損益+0.3万)
  • トレジャー・ファクトリー:前週比-23円の株価765円(含み損益-0.7万)
  • クイック:前週比-18円の株価1,246円(含み損益-1.1万)
  • 塩野義製薬:前週比-85円の株価5,783円(含み損益-3.4万)
  • マニー:前週比-102円の株価2,748円(含み損益-6.1万)
  • テノ.H:前週比-82円の株価1,386円(含み損益-11.5万)
  • 高配当株:ソフトバンク:前週比+3円の株価1,245円(含み損益+0.8万)
  • 高配当株:学究社:前週比-20円の株価1,122円(含み損益-0.8万)

オイシックス・ラ・大地が金曜に反発したおかげでの含み益プラス着地であり、基本的に他の銘柄は下げています。

9月以降は米国ハイテク株の調整と、ここ1〜2週間は米国・欧州株が新型コロナ感染拡大懸念が高まりから下げ相場が続いているようなのですが、私の銘柄も多少なりともその辺りの影響を受けているのかもしれません。

今年の利益確定額は今のところほぼなし

もうすぐ9月も終わりで、気がつけば今年も残すところあと3ヶ月となりました。

このブログでメインで紹介している中長期投資はSBI証券口座で運用しているのですが、今のところ年間損益額が-14万とマイナスとなっています。

含み益は前年度に比べて大幅プラスなんですけど、リカク全然してないので案外こんな状況は起こり得ます。

マコクロ SBI証券口座 年間損益額

一方、半ば遊びで運用している楽天証券口座のほうはというと、+22万のプラスです(笑)

マコクロ 楽天証券口座 年間損益額

おいおい!と思ってしまう結果になってはいるんですが、このあたりはエイヤ!とラフに買っている楽天証券口座のほうがラッキーにもプラスになってしまっただけのことですので、深く考えないようにしています。

ここで大切なのは、無駄な税金の支払いを行わないということ。

つまり適切な節税。

このままメインのSBI証券のほうはマイナスで年内を終えてしまう可能性もあるため、確定申告を行い、2つの証券口座間での損益通算を行う必要があるということですね。

そうなれば、私自身としての年間損益額は+8万(= -14万+22万)程度となり、楽天口座で支払っている税金を現在より-3万近く圧縮できます。

最近は含み益ばかり注目していましたが、今後は年間損益額にも目を配るようにしていきます。