保有株含み損益(2020-5-9時点:CW19)

含み損益

今週の保有銘柄の含み損益を紹介します。

CW19はCW18に対して、+241,149円の含み益プラスとなりました。

含み益が大半だった昨年末の状況に対して未だ厳しい状況が続きますが、だいぶ持ち直してきています。

ただ、今後もし景気2番底がくるようであればこんな状況などあっという間に崩されますので、今しばらくは手元キャッシュを厚くしていく方針に変わりはありません。だからと言って、含み損を抱えている銘柄をむやみやたらと売却することも今のところは考えていません。

中長期での業績悪化の可能性、会社の事業方針の変化、ビジネス環境の変化(ここが今は特に注目しているところ)が大きく変わらない限りはじっくり静観しつつの基本はホールド、必要に応じて適宜売却という相変わらずのスタイルで運用していくつもりです。

保有銘柄の株価変動ダイジェスト

それでは個別銘柄を振り返りたいと思います。

  • テノ.H:前週比+99円の株価2,433円(含み損益+13.9万)
  • 塩野義製薬:前週比+189円の株価5,960円(含み損益+7.6万)
  • マニー:前週比+83円の株価2,433円(含み損益+5.0万)
  • クイック:前週比+27円の株価1,028円(含み損益+1.6万)
  • ZOZO:前週比+154円の株価1,919円(含み損益+1.5万)
  • ユニ・チャーム:前週比+48円の株価4,011円(含み損益+0.5万)
  • トレジャー・ファクトリー:前週比+7円の株価679円(含み損益+0.2万)
  • オイシックス・ラ・大地:前週比-36円の株価1,667円(含み損益-7.2万)
  • 高配当株:ソフトバンク:前週比+14円の株価1,456円(含み損益+0.6万)
  • 高配当株:学究社:前週比+15円の株価1,103円(含み損益+0.6万)

オンライン飲み会、飲み過ぎに注意です。。

先日の水曜夜に前職の同期たち3人と初めてZOOMを使ってオンライン飲み会をしました。単身での海外駐在中の友人からLINEが来て、急遽誘われたのがきっかけです。

数年前にIT企業でオンライン飲みのウェブ記事を見たときに「オンライン上で飲み会して楽しめるものなんかな?」と思っていた派です。

それが、楽しくて楽しくてついつい飲みすぎてしまい、かなりしんどい二日酔いをしてしてまいました。

その翌日の木曜には、先月末から約束をしていた前職の職場の同僚(5年前くらいまで一緒に仕事をしていた先輩と後輩たち)4人とLINEの同じような機能を使ってのオンライン飲み会を約束していたのですが、こちらは体調が思わしくなかったのでノンアルコールビールとスポーツドリンクで参加となってしまいました。久しぶりに友人らと話すことができたのでノンアルでも十分楽しめました。

画質や画面の見やすさ(参加者の配置)はZOOMが良いですね。ただ、こちらはメールアドレス経由で参加者に案内を出す必要があります。

一方のLINEはLINE上でスケジュール調整できますし、参加者の顔の加工(素顔を隠す機能)や、背景ボカシなどもできて、楽しくコミュニケーションが取れるような機能が盛り込まれています。

ところで、私は二日酔いがひどいと発熱する傾向があるんですが、やっぱり今日土曜日でも微熱が続いています。

オンライン飲み会、とても楽しくておすすめなのですが皆さんも飲み過ぎには気を付けてください。私は今日は一歩も外へは出ておらず、体調を戻すことに専念しています。。