2020年5月度 運用成績(個別株投資)

2020-06-30

5月の運用結果を報告します。

2020年5月度 保有資産評価額
・資産評価額 14,616,688円

2020年5月度 運用成績
・資産変動額  +2,317,357円(前月比)
・利益確定   0円
・配当収入   +13,400円
・入金     +230,000円

2020年 年間運用成績
・資産年初比  +1,870,637円(年利回り+14.7%)
・利益確定   +322,432円
・配当収入   +25,360円
・入金     +380,000円

※利益確定、配当収入は税引き前

運用資産の変遷

マコクロ 個別株投資 運用成績(グラフ)
マコクロ 個別株投資 配当金(グラフ)
マコクロ 個別株投資 運用成績(詳細)

それぞれの項目が示す内容は下記の通りです。

  • 2020年損益・・・これまでの運用による運用益(利益確定+配当金+含み益)
  • 2019年以前累計損益・・・中長期投資を始めた2013年から前年までの運用益
  • 投資元本・・・これまでの入金額(給料・ボーナス、別証券口座による持株会売却益の振替)

5月の売買銘柄

【売却銘柄】

  • なし

【購入銘柄】

  • なし

年初来かつ過去最高資産評価額を更新

これまでの最高資産評価額は2019年末の1270万でした。

本日時点においては1460万です。前月から230万も上げています。直近の目標である1500万までたいぶ近づいてきています。

大きな要因は2つ。

  • 3月後半から今月にかけて、保有銘柄が徐々にこれまでの株価に回帰するかのような値動きがあった(足取りが非常に重たい銘柄ももちろんあります)
  • オイシックス・ラ・大地のようなコロナ銘柄として注目を浴びて再評価され、業績回復と共に株価が高騰した

これのほかにも4月から資本追加投入として入金し始めたことが要因としてあるかもしれません。

入金力

5月は23万を証券口座に入金しました。

前月の15万に対し今月が23万と値がやけに中途半端なのは、これまでの累計入金額を617万から640万にすることで、ちょっとだけキリの良い数字にしたかったからという至極単純な理由です。

私の性格の場合、現状が640万ならば入金額のキリの良さを考慮して、次月以降はついつい20万ずつ入金したくなってしまうので、当初考えていた毎月15万の入金目安を強制的に引き上げた格好となります。

株式投資で得た資金は再投資が前提のため、この毎月の先取り貯金ならぬ先取り投資によって、目の前の日々の生活は更なる工夫を余儀なくされてしまいます(笑)

株価の上昇は予測できないが、入金力は管理できる

毎月25万、ゆくゆくは30万の入金が当面の目標なのですが、証券口座への入金額を増やすために、私は下記を大切にして行動しています。

  • 本業の収入を上げられる環境に身を置くこと(どの業界、職種、必要とされる能力で稼ぐか=人材市場価値、ビジネス環境の選択)
  • 本業で継続的に成果をだせる仕組みを自分で構築できていること(介在価値、付加価値という売上げを立て続ける)
  • 支出のコントロール、見直しを行うこと(投資・消費・浪費を切り分けて手元キャッシュを増やす)

この中でも私は支出のコントロールが最も大切だと考えます。

株価の上昇は私には予測できないですし、月給が歩合制でない固定給の多くのサラリーマンにとって、月収をあげることはそう容易ではありません。(年に1回もしくは2回程度の年次昇給くらいか、昇進くらいでしょうか)

ですが、日々の支出をコントロールしたり見直すことで、入金額を増やすことはできますよね。

「このお金の使い方は投資なのかな?消費なのかな?それとも浪費なのかな?」と考えて行動することが大切です。

私は2008年のリーマンショック後に、残業ゼロ規制やボーナス大幅減額を受けている中、燃料代と維持費のとてもかかる排気量4.6Lの外車をローンで所有したり、会社の同期との遊びや地元への帰省時の飲み会にかなりの支出を割いたりしていて、日々の生活にとても苦労した経験があります(散財してればそりゃそうだという話ですが笑)

そんなときに家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの「年収200万からの貯金生活宣言」の本に出会い、お金の使い方を改めて学び直すことができました。

昨年、横浜出張帰りに時間を作って食事を共にしてくれた前職の後輩4人のうち、最若手の2人に同著者の後発の本をプレゼントしたこともあります。(活用されているといいのだけど、、🙄)

https://twitter.com/makoto9610/status/1131120740953018369

興味が湧いた方は、電子書籍や書店で手にとって読んでみてください^^

私も直近の資産評価額目標の1500万は、継続的な入金を行うことで達成させることができるのではないかと思うと、入金にも熱が入ります(生活は工夫が余儀なくされますが笑)。