保有株含み損益(2020-4-11時点:CW15)

含み損益

今週の保有銘柄の含み損益を紹介します。

CW15はCW14に対して、+144,930円の含み益プラスとなりました。

保有銘柄の株価変動ダイジェスト

それでは個別銘柄を振り返りたいと思います。

  • 塩野義製薬:前週比+360円の株価5,520円(含み損益+14.4万)
  • テノ.H:前週比+100円の株価630円(含み損益+14万)
  • クイック:前週比+107円の株価974円(含み損益+6.4万)
  • トレジャー・ファクトリー:前週比+80円の株価624円(含み損益+2.4万)
  • ZOZO:前週比+215円の株価1,613円(含み損益+2.2万)
  • ユニ・チャーム:前週比+29円の株価4,071円(含み損益+0.3万)
  • マニー:前週比-8円の株価2,379円とほぼ変動なし(含み損益-0.5万)
  • オイシックス・ラ・大地:前週比-106円の株価1,456円(含み損益-21.2万)
  • 高配当株:ソフトバンク:前週比+78円の株価1,374円(含み損益+3.1万)
  • 高配当株:学究社:4/7に自社株買いを発表し株価上昇。前週比+180円の株価1,178円(含み損益+7.2万)

今週のトピックス

ユニ・チャームを200株ほど利益確定しました。それぞれ+14万、+15万でリカクできたので、思っていたよりも早く利益を刈り取ることができましたね。残り100株がいつになるかはわかりませんが、そう遠くないうちにその日がやってきそうな気もします。

また、今週は他証券会社の口座で保有していた前職の会社の持ち株会銘柄を売却していました。

これによる損失は-12万ほど。昨年末くらいまでに売却していればマイナス幅も-2〜-3万と小額で済んだのですが、仕方ありません。この銘柄でのこれまでの利益は+100万ほどありましたし、今回のユニチャームのリカクにより損出し(節税)も出来るので、もうこれでヨシとします。

過去に自分がいくらで投資したのかを基準に現在を評価するのはあまり意味がなく、買付時の株価は無視することが重要です。

(と言ってはみるものの、なかなかこれができないんですよねぇ、、、)

どういうことかというと、現在の株価が「安い!」と思って買いたい(つまり割安、買い時)と思えるか、それとも「高い!」と思って買いたくない(つまり割高、売り時)と思うのか。

ということです。

なお、売却で得たキャッシュはメインで運用しているSBI証券の口座に集約させました。

ベビーシッター費用助成延長、月最大26万円

テノ.ホールディングスが運営している「ほっぺるランド」ですが、現在は登園自粛を要請したり、臨時休園となっているようです。(参照リンク先:ほっぺるランド「園からのお知らせ」)

一方で政府はというと、ベビーシッター費用の助成を新型コロナウィルス影響収束まで延長することを先日決定(4月11日)しており、1人あたり月26万4000円までとなります。(参照リンク先:日経新聞)

政府のこの対応って、自宅に派遣するタイプのシッターサービスのことなのでしょうか。独身の身としてはあまりこの辺りの情報に対して疎いので勉強しておいた方が良さそうです。

現在は爆発的な感染拡大が緩和される方で政府も企業も動いてくれることを望みますが、今後の展開のことも考えると、もう少し詳しく調べておきます。