2020年4月度 運用成績(個別株投資)

4月の運用結果を報告します。

2020年4月度 保有資産評価額
・資産評価額 12,299,331円

2020年4月度 運用成績
・資産変動額  +1,051,367円(前月比)
・利益確定   +172,432円
・配当収入   0円
・入金     +150,000円

2020年 年間運用成績
・損益変動額  -446,720円(年利回り-3.5%)
・利益確定   +322,432円
・配当収入   +11,960円
・入金     +150,000円

※利益確定、配当収入は税引き前

運用資産の変遷

マコクロ 個別株投資 運用成績(グラフ)
マコクロ 個別株投資 配当金(グラフ)
マコクロ 個別株投資 運用成績(詳細)

それぞれの項目が示す内容は下記の通りです。

  • 2020年損益・・・これまでの運用による運用益(利益確定+配当金+含み益)
  • 2019年以前累計損益・・・中長期投資を始めた2013年から前年までの運用益
  • 投資元本・・・これまでの入金額(給料・ボーナス、別証券口座による持株会売却益の振替)

4月の売買銘柄

【売却銘柄】

  • ユニ・チャーム・・・200株

【購入銘柄】

  • なし

株式市場は実体経済を先行して変動するというけれど、、

1月上旬には米国-イランの緊張、1月下旬頃から3月中旬くらいまではもうずっとコロナショックで、保有資産は昨年末に対して大きく目減りしていくのをただただ眺めているだけでした。

3月下旬から4月にかけてはいくつかの銘柄が注目され、また、株式市場全体が株価を押し上げている状況で、一時は900万を割りかけた(割った?)私の保有資産もようやく1200万台にまで戻してきています。

ただ、あまりこの状況を素直に喜べないのですよね。金融機関はクラッシュしてないものの、実態経済は確実に悪くなっていく方向に振れ続けているのですから。

追加の入金を始めました

4月は15万を証券口座に入金しました。

保有資産に対してはさほど大きな額ではないものの、年間ベースで200万、そしてできれば、、、というかかなり大変ですが、350万くらい入金できると買付余力も厚みを増しますし、高配当株にも積極的に投資ができる環境が整うのではないかなと思っています。

ブログやツイッターに出てくる個人投資家たちの保有資産額や入金ペースを見ていると、とても自分には真似できそうにないくらいのとんでもない額が平気ででてきますが、私は焦らず無理のない範囲で自分なりの投資を続けていきたいと思います。