保有株含み損益(2020-1-25時点:CW4)

2020-02-02

含み損益

今週の保有銘柄の含み損益を紹介します。

CW4は前週CW3に対して、-301,360円の含み益減少となりました。

木に-28万、金に-7万くらい下げて、週の前半のプラスはキレイに吹き飛んでしましました。

新型肺炎のリスク回避から日本円が買われたようです。シオノギ製薬のゾフルーザはインフルエンザだから関係ないとしても、ユニチャームのマスクは中国人が日本でマスク爆買いしたことで在庫切れするほど売れたものの、株価は下落基調を辿っているのは残念なところです。

保有銘柄の株価変動ダイジェスト

それでは個別銘柄を振り返りたいと思います。

  • テノ.Hは前半は急騰したものの、週末にかけて反発・調整し前週比+3円の1,120円と変動なし
  • トレジャー・ファクトリーも続落し、前週比-20円の908円(含み損益-0.6万)
  • クイックも続落です。前週比-31円の1,555円(含み損益-0.9万)
  • ZOZOは依然厳しいのは相変わらず。前週比-117円の1,830円(含み損益-1.2万)
  • ユニ・チャームも続落し、前週比-25円の3,699円(含み損益-1.0万)
  • マニーも続落し、前週比-25円の3,025円(含み損益-1.5万)
  • オイシックス・ラ・大地も続落中。。前週比-52円の1,068円(含み損益-10.4万)
  • 塩野義製薬はこれまでの騰げを吹き飛ばす下げを記録し、前週比-419円の6,706円(含み損益-16.8万円)

買増し銘柄1:テノ.ホールディングス

前週に引き続き、認可保育所と企業内保育所運営を手がけるテノ.Hを200株ほど買い増しを行いました。これで800株の保有。

買い増した後も株価は上昇していましたが、週末にかけて急落。1,300円代後半から一気に250円も下げてしまいました。下の同社3ヶ月チャートを見るとその破竹の勢いと急転直下具合が見て取れます。

来月2/12に本決算が発表されますが、さらに下落するようならひとまず1000株くらいまで買ってもいいかなぁとは思っています。

テノ.ホールディングス 3ヶ月チャート

買増し銘柄2:クイック

テノ.Hばかり買増すのではなく、同じ時期に購入したクイック社も200株追加で購入しました。これでテノ.Hもクイックも投資額が80万程度となりました。

クイックは2018年以降の株価がどうも変動が大きく、かつ、停滞気味なのが特徴的なのですが、業績は株価ほど悪くないのでは?と思っています。

クイック 5年チャート

ダイジェストでコメントするとこんな感じでしょうか。

  • 売上高が10%の成長をキープしており、営業利益も純利益も同様に堅調
  • 自己資本比率が高く、有利子負債が少ないので財務基盤がしっかりしている
  • 過去8年間、営業キャッシュフローはプラスで、また、フリーキャッシュフローも安定して増大傾向

クイック社の財務ハイライトは同社HPのIRからも確認できます(リンク)

1名柄当たりの投資額

ところで現状の運用資産においては1銘柄当たりの投入金額は100万〜250万を目安にしています。それゆえに上記2銘柄、高配当株のソフトバンクに学究社も本当はまだまだ投資したいところですが、肝心の待機資金であるキャッシュ残高が不足しているのでできません。

証券口座に追加資金を投入できるまではあまり焦らず、今後2年くらいかけてそのくらいまで引き上げられれば良いかなぁと考えています。