保有株含み損益(2019-10-18時点:CW42)

含み損益

いつもは土曜もしくは日曜に発信している保有株の含み損益ですが、今週は色々バタバタしていてブログが書けなかったのと、明日も書けそうにないので前倒しで配信することとしました。

さて、そんな今週の保有銘柄の含み損益は以下の通りです。

CW42はCW41に対して含み損益は+41,500円となりました。

日経平均は前週から1,000円も上げるほどの急騰を見せましたが、当の私の保有銘柄はさほど連動するわけでもなく、むしろ週末にかけてズルズルと下がる展開となりました。

保有銘柄の株価変動ダイジェスト

それでは、ダイジェストにて個別銘柄を振り返ります。

  • 塩野義製薬は前々週の自社株買いによる株高に続き、抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」のインフルエンザウイルス感染症予防に関する日本における効能・効果追加を申請したこともあり、前週比+194円の6,078円と大幅に上がり、+7.8万となりました。
  • マニーは前週の決算発表後の大幅下落がありましたが、前週比+35円と反発し、2,578円となっています。+2.1万円。
  • ユニ・チャームは続伸(微増ですが、、)です。前週比+15円で株価は3,480円となり、3,500円台までもう一息といったところ。+0.9万でした。
  • ZOZOは前週比+21円の微増で2,525円となり+0.2万。最近はこの辺りを株価を行ったり来たりとウロウロとしているような。
  • トレジャー・ファクトリーは前週の大幅下落からほんのちょっとだけの微増。前週比+6円の1,172円で+0.2万。
  • オイシックス・ラ・大地は-35円と調整していますが、1,539円となんとか1,500円台を持ちこたえています。-7万。そうこうしているうちに次の決算も近づいてきつつあります。

今週のトピックス:マニーの株価はあれからどうなった?

マニーの株価ですが、決算翌日の前場には前日から300円近くの下げとなる一時2,500円を割り込むところまで行きましたが、そこが現時点における底のようで、今週はどうにか持ち直していますね。

マニー 10日チャート

私はNISA口座枠で保有していたマニーは決算翌日の寄付き時に成行売りをしています。(詳しくはコチラ)

300株を2,527円で売却したため、今週末に対しては-51円低く(つまり300株で1.5万ほど利幅が少なくなる)売ってしまいました。

ただ、これはあくまでも結果論ですので、先月の2,800円台の天井で売ることもできませんでしたし、ましてや決算直前に次期業績を展開を先読みして事前にリスク回避の売り抜けを行うこともできませんでした。

それでも3年半前から保有していた同社の株価は、時間の経過と共に3.5倍程度まで大きく伸張してくれたので、+55万の利益を得ることができています。

ですので、NISA口座枠の300株に関しては私はこれで満足しています。

次週以降のマニーの株価の行方ももちろん気になりますが、11月中旬にはオイシックス・ラ・大地の決算もやってくるので、私はこれがとにかく気がかりでならないです。