2019年10月度 運用成績(個別株投資)

10月の運用結果を報告します。

2019年10月度 保有資産評価額
・資産評価額 12,887,586円

2019年10月度 運用成績
・資産変動額  +221,201円(前月比)
・利益確定   +704,500円
・配当収入   なし

2019年 年間運用成績
・損益変動額  +2,236,589円(年利回り+21%)
・利益確定   +2,287,900円
・配当収入   +83,236円

※利益確定、配当収入は税引き前

運用資産の変遷

マコクロ 個別株投資 運用成績(グラフ)
マコクロ 個別株投資 配当金(グラフ)
マコクロ 個別株投資 運用成績(詳細)

それぞれの項目が示す内容は下記の通りです。

  • 2019年損益・・・これまでの運用による運用益(利益確定+配当金+含み益)
  • 2018年以前累計損益・・・中長期投資を始めた2013年から前年までの運用益
  • 投資元本・・・これまでの入金額(給料・ボーナス、別証券口座による持株会売却益の振替)

10月の売買銘柄

【売却銘柄】

  • マニー・・・2019年8月期決算を受けて2016年NISA枠300株全て利益確定売り
  • ユニ・チャーム・・・2015年NISA枠200株のうち100株だけ利益確定売り

【購入銘柄】

  • なし

この売買によって、現在の買付余力は330万(前月比+135万)ほどとなっています。

振り返り(1)1300万まであと一歩

10月は日経平均も上昇基調で日本株全体に楽観ムードが漂っていることあり、私の保有銘柄も最終的には保有資産を前月に引き続き増やせていますが、結構それぞれの銘柄で乱高下していました。

マニー・・・決算直後に急落。そして300株売却、ちなみにこの時の売却価格2,571円に対し、今日現在の株価終値は2,873円と300円近く(300株だと+9万円に相当)上がっています。。まぁ、私の実力はこんなものです(笑)。

トレジャーファクトリー・・・決算直後に成長が鈍化したと判断され、急落。

ユニ・チャーム・・・来月の決算に向けて、株価が織り込み始めたのか上昇中。前月末比で+269円ほど、+8%近く上昇しています。

塩野義製薬・・・昨日の決算を受けて、本日急騰。本日だけで+4.5%。前月比で+519円の+8.7%の急騰です。

保有資産評価額が1300万に近づいてきました。

オイシックス・ラ・大地はここ1週間の意味不明な下げにより、評価額で-35万近く下げていますので、この辺りが来月の決算次第で見直されれば、11月での1300万も十分にありえます(なんの根拠もない妄想です)。

でも、さすがに年内の1400万超えはどうにも厳しそうですね。2030年の億り人に向けたマイルストーンとして年内1450万達成だったはず(この記事と、マネーシミュレータを使って見積もったこの記事

あまり気にしすぎてリスクを取りすぎることはしたくないので、こちらは参考程度に留めておきます。。

振り返り(2)マコクロ 投資戦略2019夏

保有銘柄を厳選し主力3銘柄に集中投資

毎月お馴染みとなりつつあるこちらのコーナーです。6月の中旬に発信したブログ記事にて掲げたこの戦略の状況を整理していきます。

【投資戦略2019夏】
資産3,000万程度までは5銘柄保有を基本スタンスとして、3銘柄に集中投資
残りの2銘柄は主力予備として継続して運用
新規有望銘柄を組み入れる際には、主力予備との入れ替え

【今後の保有銘柄と配分比率】
主力銘柄(65%) マニー、オイシックス・ラ・大地、塩野義製薬
主力予備(15%) ユニ・チャーム、ルネサンス
買付余力(20%) 運用資金が1,200万の場合、250万前後

【売却予定、売却済み銘柄
ユニ・チャーム(一部)・・・2015年NISA枠の200株は年内に売却していく
トレジャー・ファクトリー・・・徐々にポジションを減らし、9月頃から年内にけて全株手放す
ZOZO・・・年内に売却するが、含み損が-5万となった時点でも損切り処分する
フジ・コーポレーション・・・全株売却して利益確定済み

マコクロ 過去記事「保有株含み損益(2019-6-15時点:CW24)」本文中より抜粋

これが本日10月31日時点でどのような状況になっているか確認していきます。

【10月末時点でのの保有銘柄と配分比率】

  • 主力銘柄(55%) マニー(172万)、オイシックス・ラ・大地(280万)、塩野義製薬(261万)
  • 主力予備(14%) ユニ・チャーム(185万)
  • 売却予定(5%) トレジャー・ファクトリー(36万)、ZOZO(25万)
  • 買付余力(26%) 運用資金1,289万に対し、現状330万

【売却予定、売却済み銘柄

  • ルネサンス・・・全保有株売却(損切り)実施済み
  • トレジャー・ファクトリー・・・計画通り900株ほど売却済み。残り300株は10/9予定の第2Q中間決算タイミング売却予定だったが、急落を受けて一旦様子見
  • ユニ・チャーム(一部)・・・2015年NISA枠は残り100株。上昇基調にあるので、希望通りの売値でリカクできそうな展開
  • ZOZO・・・計画に変更なく年内に売却する。

【確認結果】

前月に引き続き概ね順調に推移しています。

マニーを10月上旬に一部売ってしまったので、主力銘柄の保有率のバランスが少々崩れていますが、またどこかのタイミングで業績に関係なく市場の暴落で急落しようものなら、買いを入れる可能性も十分にありますので、これはしばらく待ちの状況です。

11月以降の投資に関して

米中貿易摩擦は依然として展開は読めないものの、Brexitと消費増税による影響は現状ではあまり深刻に捉えなくともよさそうな印象を持っています。

一方で最近の私の運用資産のキャッシュ比率は上がっており、これらの市場調整に対して十分な余力を準備できているとも感じています。

ZOZOとトレファク、ユニチャームを100株売却すると、現状の評価額換算で、およそ100万ほどさらにキャッシュが上積みされることになります。そうなるとキャッシュは430万にもなり、実に保有資産の1/3がキャッシュとなるんですよね。

ちょっと、キャッシュリッチかなとも思っています。

10月は全体的に日本株が好調であったため、買えば上がるような状況でもありました。

ただ、新規にしろ買い増しにしろマーケットに振り回されずに、自分の納得する購入理由とタイミングで適切な買いを入れていきたいと思います。