保有株含み損益(2019-9-14時点:CW37)

2019-09-15

今週の保有銘柄の含み損益

今週の保有銘柄の含み損益は以下の通りです。

CW37はCW36に対して+83,100円の含み益プラスとなりました。

今週は月曜から関東首都圏は台風15号を直撃してJR・私鉄各線で計画運休、運行見直しで交通パニックに見舞われましたね。

普段、自宅から新宿駅付近にあるプログラミングスクールまで70分程度で通学できるのですが、この日は結局2時間かかりました。この程度で済んで良かったといえばそうなのですが、電車内では人生でこれほどすし詰め状態になったことはないのではないか?というくらいギューギューで、せいぜい手首を返すくらいの動きしか取れませんでした(笑)

そして千葉の多くの地域では未だ停電・断水が続いており、復旧まで2週間近くかかりそうであると新聞で報道されています。対象地域住民の方は週の前半は猛烈に暑くシャワーも浴びれず扇風機も使えずで大変でしたでしょうし、ここ数日はひんやりして逆にお風呂に浸かりたい気温で、いずれにせよしんどいだろうなと思います。

改めて天災時の備えというものをちゃんと考えておかないとならないなと感じた次第です。(マコクロ両親はモノを片付けることが恐ろしく苦手な性格なので、防災グッズを買う前に、まず不要なものを整理するところから始めないとどうにもならない状況です。。。)

保有銘柄の株価変動ダイジェスト

それでは話を株式投資に戻しまして、いつも通りのダイジェストを紹介いたします。

  • ユニ・チャームは大きく上げました。3ヶ月ぶりに3,400円台に復帰しました。次回決算に向けて3,600円から3,800円台への躍進を望みます。前週比+123円。+7.4万。
  • ZOZOですよね、今週のトピックスは。ソフトバンクグループのヤフーの子会社化という報道を受けて前週比+361円の大幅株高となりました。+7.2万。
  • 塩野義製薬は前週に引き続き、今週も大きく上げています。というより、これまでが低評価すぎたような気が、、、前週比+128円。+5.1万。
  • マニーは前週比+31円。900株って中途半端なので早く1000株にしたいところ(笑)全く合理性のない発想ですけどね。で、+2.8万のプラスです。
  • トレジャー・ファクトリーは前週+65円の反発から一転して下げています。最近では材料乏しく伸び悩みか?との報道も目にしましたが、業績は好調と予想されますので不安なしです。前週比-35円。-1.4万。
  • オイシックス・ラ・大地は大きく上がったり下がったりを繰り返していますが、今は静観を続けています。前週比-64円の-12.8万。

今週の保有資産の変動に寄与したビッグニュースとしては、ヤフーのZOZOへのTOBサプライズで高騰したZOZOが主だったところですが、個人的にはユニ・チャームと塩野義製薬に大きく注目と期待を寄せています。

8月の波乱な相場が一服したのか9月は好調な地合いが続くが

日々の変動は相変わらずありますが、全体的な株価の行方だけを追いかけると、比較的ポジティブな状況になってきています。

なお、私の保有銘柄において比較的好調だった月は1月、2月、4月、7月でした。

一方で、辛抱強く状況を静観していた時期は3月、5月、6月、8月と、通年ペースで考えると半分はかなり厳しい状況に見舞われています。

ですので、仮に9月が楽観的な状況で、買えば上がるような状況にマーケットが突入していそうであると判断できても、私としては余程の好機にめぐり合わない限り、しばらくの間は一定額の買付余力をキープしていくことに重きを置きたいと考えています。

常に売買しているデイトレードやスイングトレードの方がブログネタとしても尽きないし、刺激的で楽しい(損してなければ)のかもしれないですが、今のところそれは私の得意とするスタイルではありません。

それらも突き詰めると、結局行き着く先は「いかにギャンブル要素を削り取っていくか」に尽きるので、銘柄は頻繁に入れ替わりこそするものの、案外淡白だったりもします。手法とアプローチこそ違えども、本質的なところはあまり変わらないのかもしれませんね。