保有株含み損益(2019-8-31時点:CW35)

2019-09-08

今週の保有銘柄の含み損益

今週の保有銘柄の含み損益は以下の通りです。

CW35はCW34に対して+64,000円となりました。

今週も日々の株価変動の乱高下に見舞われる週でして、貼り付けたスクショを見てわかる通り、昨日の金曜で+21万の評価額プラスとなったことで、1週間の結果がプラスになった次第です。

中長期投資の観点における日々の変動のモニタリングは、退屈な投資行動に対しての少々のスリルが味わえることと、売買を決めた時に多少はタイミングよく飛び込める(売りぬける)可能性があることくらいですね。

保有銘柄の株価変動ダイジェスト

それではいつも通りのダイジェストです。

  • ユニ・チャームは前週から毎日着実に株価を押し上げていきましたが、最終日で微減となり前週比+146円。+8.8万。
    マニーは28日に株式分割が実施され、翌営業日の29日は大幅下落を浴びましたが、翌30日に反発し、前週比で+2.4万のプラスで着地
  • オイシックス・ラ・大地は週の前半の株式市場同様、大きく下落しましたが、後半に反発し前週比-1円の-0.2万。
  • トレジャー・ファクトリーは少し下げ前週比-13円。-0.5万。
  • 塩野義製薬は微減。こちらは変わらずじっくり見守ります。前週比-48円。-1.9万。
  • ZOZOの株価は前週から5%近く下げ-104円での着地。-2.1万。

今週の保有資産の変動は、初春から(株価的に)厳しい状況が続いていたユニ・チャームが多少戻したことによるものです。

次回記事の告知

過去記事で「投資戦略2019夏」と題し、下記のような投資スタンスを取っていくことを紹介していました。

【投資戦略2019夏】
資産3,000万程度までは5銘柄保有を基本スタンスとして、3銘柄に集中投資
残りの2銘柄は主力予備として継続して運用
新規有望銘柄を組み入れる際には、主力予備との入れ替え

【今後の保有銘柄と配分比率】
主力銘柄(65%) マニー、オイシックス・ラ・大地、塩野義製薬
主力予備(15%) ユニ・チャーム、ルネサンス
買付余力(20%) 運用資金が1,200万の場合、250万前後

【売却予定、売却済み銘柄
ユニ・チャーム(一部)・・・2015年NISA枠の200株は年内に売却していく
トレジャー・ファクトリー・・・徐々にポジションを減らし、9月頃から年内にけて全株手放す
ZOZO・・・年内に売却するが、含み損が-5万となった時点でも損切り処分する
フジ・コーポレーション・・・全株売却して利益確定済み

マコクロ 過去記事「保有株含み損益(2019-6-15時点:CW24)」本文中より抜粋

次回の記事では月次レポートを作成しますので、これに併せて自身の投資環境を振り返ってみたいと思います。