2019年6月度 運用成績(個別株投資)

6月の運用結果を報告します。

2019年6月度 運用成績
・確定利益 +327,900円
・含み損益 +47,000円
・配当収入 +11,525円(ルネサンス、塩野義製薬、イートアンド)

2019年 年間運用成績
・確定利益 +1,182,300円
・含み損益 +145,500円
・配当収入 +70,876円

※全て税引き前

6月の売買銘柄

【売却銘柄】

  • フジ・コーポレーション・・・業績好調だが、主力銘柄への集中投資の方針上、特定口座・NISA口座の全500株を売却処理。利益確定(+30.7万)
  • トレジャー・ファクトリー・・・同上。年内に全株処分するがNISA枠をまずは売却。利益確定(+2.1万)

新規購入銘柄、追加投資した銘柄は共になし。

売却した銘柄の理由は上記の通りで、前月の5月運用成績の記事にて詳述しております。

株主優待の紹介

先週、フジ・コーポレーションの株主優待が届きました。

フジコーポレーションは年間で1度、株主は配当金と優待券(三菱UFJニコスギフト券5,000円分)を受け取れます。

前月に全株売却処理していますが、優待権利確定日がそれよりも以前に確定しているため、優待券が手元に届いたというわけです。

で、早速このギフト券を有効活用しようと、近所のスポーツデポでランニングシューズを購入してきました。

ニューバランスのFRESH FOAM ZANTE PURSUITというモデルで、デザインと履き心地に軽さの順で選びました。これがなかなか軽くて210グラム台。

前回もニューバランスでした。足にシックリくるんでしょうねきっと^^

前回のモテと筋トレのエントリーで、これまで週に2回ほどランニングをしていることを紹介しました。

前回のシューズはかれこれ2年くらい愛用していたので、ソールのかかと外側が両足ともすっかり減ってしまっていて、走っていて疲れやすい印象があったんです。

一般的なランニングシューズの寿命が500〜1000km程度らしいので、おそらく2年で720km(仮に毎月6回ランニング×5km×24ヶ月)ほどは走っている計算なので、交換時期だったのでしょう。

良いタイミングで株主優待を有効活用できました。しかも以前チェックしてたときは10,000円くらいの値段だったけど、今回は運良く50%オフの6,500円で買えました。ラッキー^^

7月の相場はどうなる?

昨日のG20大阪サミットでの米中首脳会談での貿易協議が再開されることになりました。これをポジティブに捉えるか、単なる問題の先送りのネガティブで捉えるか興味深いところです。

また、翌日の今日、南北軍事境界線沿いの非武装地帯で米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩氏が板門店で対面しましたね。トランプ大統領の突然のツイッターでの呼びかけに呼応して、実現するというまるで一般人のネト廃のオフ会のようなノリ(笑)。

今回の突然の訪問は政治・外交パフォーマンスとしてはわかりやすく、かつ、インパクトがありましたね。なんせ板門店での面談はG20の会議室での会合よりもはるかに絵になる。

そして米韓首脳は何を話したのか全くニュースになっておらず、韓国はせっかくトランプ大統領に訪韓してもらったものの、完璧に北朝鮮に話題を独占されてしましました。

最後に

今年も半年が過ぎ、早くも折り返しとなりました。

これまでの半年て利益を確定できた金額は冒頭の通り、およそ+120万ほど。配当利益は7万ほどとなりました。

昨年の利益確定金額は+30万ほど(損切りのマイナスが大きく影響)で、一昨年は+100万程度でしたので、過去最高金額となっています。まぁ、早い話、溜まっていた含み益をリカクしただけの話ですけどね。

年が終わる頃に1,450万まで株式運用資産が増やしたいのですが、今更ながらなかなか高い目標となってしまっています。

目標を持つことはもちろん悪くないですが、相手はあくまでも株式市場。自分の思い通りにはいきません。思い通りにできるのは銘柄選定と保有株数のみです。

目標にこだわり過ぎるあまりマーケットに振り回されてしまうことのないよう目安程度に捉え、着々と市場の加熱時にはポジションを減らし、暴落・調整時にはしっかり拾っていきたいものです。