保有株含み損益(2019-3-2時点:CW9)

2019-03-25

昨日のエントリーで、2月度全体の運用結果を伝えていますが、いつも通りのウィークリーレポートとして今週の保有銘柄の含み損益を紹介していきます。

CW8に対して含み損益は+142,200円でした。


毎週の含み損益の推移

毎週の含み損益は年始からの平均すると、だいたい17.5万ずつプラスで順調に推移しているようです。上昇相場の恩恵ですね。

とはいえ、もうこのブログを通して何度も言っていますが、含み益は所詮、文字通り見かけ上の利益であって、これがひとたび調整や暴落が起きればマイナス何十万は毎日目減りしていくわけです。今はたまたま相場が良かっただけで、通年通して上昇相場かどうかは誰にも予測できません。

一方で、そのような時に備えて、買い増し銘柄、新規の仕込み銘柄を検討・準備しておけば、資産を大きく増やせる可能性もあり、定期的なマーケットの調整や暴落は我々中・長期投資家はウェルカムだったりもします。

億り人

ところでみなさん、「億り人」という言葉をご存知でしょうか?

株式投資家、投機的な株・FXトレーダー、最近では仮想通貨トレーダーも含まれるのかもしれませんが、このような界隈に身を置く、もしくは興味がある人はネットのブログやコラム、マネー本等で聞いたことがあるのではないのでしょうか。

「億り人」は「おくりびと」と読みます。

厳密な定義などは知りませんが、「株式投資やFX、仮想通貨などを通して1億円以上の資産を築き上げた人(儲けた人)」を指しているのだと思います。いわゆる投資家・トレーダー界隈のネットスラングのようなものですね。

2008年に公開された映画「おくりびと」をもじって全く意味の異なる用語としてこの界隈で用いられています。

マコクロ2030

私は株式投資を通じて、【2030年に億り人】を目指しています。

この時に必要な年間パフォーマンスは概ね年率25%です。年率25%の資産形成を10年連続達成することの困難さは重々承知ですが、銘柄分析をしっかり行い、2倍高から5倍高(いつかは10倍高のテンバガー)のポテンシャルを秘めた銘柄を保有し、必要な利益確定と損切りを行うことでで実現しようと試みています。

億り人な日々の株価変動(妄想)

今、私自身の運用資産1200万弱(実際の買付は650万程度)で日々の変動が5万から多いときは15万と推移しています。ちなみに年末の暴落時は毎日-15〜25万ずつくらい目減りしていきました。

これがゆくゆくは億り人、すなわち1億円プレーヤーとなり、1億もの資金をフルで運転させていくとなると、現在の買付額ベースで計算した場合、日々の変動は75万から230万の変動にもなるんですよね。暴落時はちょっと恐ろしくて書けません(笑)

サラリーマン時代の月給をはるかに超えて、ボーナスですら追いつかないくらいの変動を眺める日々になるかと思うと、これってちょっとすごいことですよね。

今現在は、日々の株式の評価額の変動を実態を伴わない記号のような存在として向き合えてますが、10年後もそのような心持ちでマーケットと向かい合いたいものです。

取らぬ狸の皮算用ではないですが、壮大な目標としょうもない妄想で今日エントリーをしめたいと思います。今後も応援のほど、よろしくお願いします。