保有株含み損益(2019-1-27時点:CW4)

2019-02-23

今週の所有銘柄の含み損益は以下の通りでした。

CW3に対して含み益-128,900円。
年末の暴落から全体的に満遍なく株価が上がって(回復)きて、割と悪くない地合いになってきたような印象があります。

年末に仕込んだオイシックス・ラ・大地はまだまだこれからを期待しつつ、3,000円近くからちょっとだけ手放して利確してもいいかなという印象。
株主に説明する資料がこれまた魅せる資料でなく、技術者が作ったんじゃないの?これ?みたいな出来栄えで、とにかく余計なことにコスト使ってない印象が大変よろしい笑

年末にガクンと下がったマニーは、あっという間に元どおりになり、こちらは3,900円台で仕込めたおかげで(もう200株ほど追加したかったけど)、現在5,080円の+23万。マニーはなかなか値下がりしない銘柄なので、これは手放しませんよ。なんせニッチな業界のユニークな商品で、なおかつ、業績が素晴らしい。

スイングトレード兼、長期的には孫正義ファンドに投資の観点で11月、12月(こちらはナンピン←見事に失敗)購入したソフトバンクグループもだいぶ持ち直してきた。

いずれにせよ、どれも長期で保有し続ける銘柄だけど、今後の株式市場の乱降下もありうるわけで、上がってきたところでちょっとずつ利確し、また暴落局面で買い向かう中長期投資の王道を地で行きたいと思います。

一旦買ったら、気絶したかのようにずーっと保有した方が、もしかしたら結果的にパフォーマンスは高いのかもしれないけれど、これは訓練なのです。上がってきている相場で忍耐強く、握力を強く、保有銘柄を握りしめつつ、一方で加熱したら手放す。なんだ中・長期投資といっている割には、結局株価を見て売買してるのかよ!と思われるかもしれませんが、僕はまだまだ発展途上。スタイルも売買タイミングもあれこれ試して、自分のしっくりくる運用スタイルを固める時期。

7年後には、キラリと光る超長期で保有できる銘柄が、不労所得として貢献し、他の好きなことをしている時間も稼いでくれる環境に持っていけるようにしていきます。

最終的には、「稼げる力」と「信用」さえあれば、キャッシュのバックアップはほとんど不要であるという状態に昇華させるつもり。ブログを見てくれる皆さんが、「なるほど、こうやって売買すればいいのか」とわかるように、共感できるように、結果とプロセスをこれからも書いていきますね^^