母親にPayPayを教えたら夢中になった。20%還元の威力は絶大。

2019-09-09

最近「〇〇ペイ」というスマホ決済がよく目につきますよね。

日々、各社ともどもユーザー獲得(パイの奪い合い)キャンペーンで競い合っており、なんだかブームなのは恩恵を受けたいユーザーや店舗というより、むしろ発信者側な気もします。

そんな中、これまでの日々の生活をクレジットカードやSuica、iD決済している、キャッシュレス推進派のこちらサイドとしても、なんだかもうどれ使っていいかよくわかんないし、お得お得という割にはサービスが乱立しすぎてて、消費者目線で展開してないでしょ!って常々思ってました。

実際、同じような感覚を持っている人は少なくないかと思います。少なくとも私に関しては3月まではそんな感じでした。

〇〇ペイを一通り使ってみた感想

で、やってみたのです。

主要各社のなんちゃらペイをとりあえずインストールして1,000円ずつチャージしてみてかれこれ数ヶ月。

私の中では一応、このなんちゃらペイシリーズの結論が出ています。

  • PayPay(ソフトバンク系)・・・これがメイン。提携先店舗が日常生活とドンピシャでハマるし、還元が凄過ぎる。
  • メルペイ・・・コンビニなどの少額決済で活用中。メルカリで得た利益でメルペイのiD決済で買う完全なるエコシステム実現。
  • LINEペイ・・・セブンとかのキャンペーンで使ったきりでほぼ使わない。クーポンがジャンクフード系ばかりで、30代後半の健康と体型に気を使うようになってきた世代はターゲット層から完全に外れている。アプリ削除する前に諸々のキャンペーンで得た1,500円分使い切らないと。
  • 楽天ペイ・・・今のところ未稼働。ただ、楽天スーパーポイントとのコンビネーションが発揮されればポテンシャル大。これまでamazon派だったので今後の財テク運用方法を思案中。楽天ペイのドラッグストアとの連携は手堅い。その辺りはさすが楽天。

私自身の生活スタイルと実際の活用から出た結論としては、PayPayはマスト。メルペイはメルカリユーザーはマストで、一般ユーザーはiD決済を使える利点においては悪くないかも?といったところ。

こんな感じでした。

メルペイ友達招待キャンペーンで双方1,000円分ポイントがもらえる

母のPayPayの話に行く前に少し宣伝させてください。

メルペイ促進キャンペーンが8月30日から9月16日まで開催されています。

今ならメルペイで招待コード「FDJCFQ」を入れて、はじめて本人確認を完了すると、ここから招待された登録者さまに1,000円分のポイントがもらえます。これは私マコクロからの招待コードになります。

招待した側にも1,000Pが付与されるWin-Winなありがたいキャンペーンです。

上記画像の「HAJIKIN」コードもあるみたいですね。Youtuberお二人のファンならこちらから登録してみるのももちろん良いかと思います。

ただ、個人的にはすでにメルペイを活用しているお友達から招待してもらったり、家族間で行うのが楽しくやれて良いかなと思います^^

メルペイ 招待コード「FDJCFQ」

1人の方からでも反響があるだけでも、このブログを継続し続けるモチベーションにも繋がるので、私の招待コードもデカデカと相乗りさせていただきました(笑)

母親にも激しく薦めたPayPay(ペイペイ)。その理由は。

さて、タイトルの件です。

PayPayはほぼ毎月と言っていいほど、提携先のスーパー・飲食店での昼間の時間帯で支払額に対しての最大20%還元を実施しています。

PayPayを母親に薦めた理由は主に2つ。

  • 最大20%還元などの還元率がもっとも高い条件を(偶然にも)保有している
  • 近所の激安スーパーのロピアがお気に入り。現金決済オンリーのロピアがついにPayPay対応。

私自身がPayPayを気に入っているのも、母親に薦めた理由とほぼ同じです。

  • 現金決済は面倒。少額でもクレカ、Suicaの電子マネー決済派。
  • お酒がネット価格よりも安いロピアだけは現金決済を我慢しながら利用。そこにPayPayが導入されたので、これはもう使わない理由がない。
  • ただでさえ安いロピアにPayPayイベント発動時の10%還元は強烈すぎる。(非ソフトバンク・ワイモバイルユーザー・ヤフープレミアム会員は10%が最大)

参考までに私のロピアでの1,000円還元のスクショを貼り付けておきます。

(8月のキャンペーンの10%還元対象者は1回あたりの買い物での最大還元額は1,000円まで。つまり1万円分までの買い物に対してキャッシュバックされます)

PayPay公式サイトのリンクも貼っておきます → リンク

スマホはLINE以外の操作はほぼできない母でも、PayPayはできる

そんなわけで、今月の初旬にPayPayアプリを母親のiPhoneにインストールし、すぐさま1万円分ほどチャージしてあげ、操作方法を実地訓練すべくロピアに買い物に行きました。

焼酎4Lを数本、糖質オフ発泡酒1ケース、お米などなど、しっかり税込10,000円近くのお買い上げ。レジでも慌てずPayPayに成功。

その後のPayPayの支払い履歴の画面には、「おめでとうございます!1,9xx円相当のPayPay残高をGET」と、期待通り20%キャッシュバック表示されていることが確認できました。

付与予定日は9月20日頃。つまり翌月の20日頃が還元タイミングのようです。

その画面を見て、マコクロ 母大喜び(笑)

新聞の折り込み広告のチラシで1円でも安いと、自転車でスーパーをハシゴしたくなるのが主婦。母も同じマインドの持ち主です。

(個人的には、少額の違いのためにあちこちハシゴしたり、余分に買ったりする消費行動はエクササイズ以外のメリットと合理性がなく、時間と体力を浪費している気がしているので私は絶対やらないです笑)

これに気を良くした母は、後日、ローソンストア100でもPayPayを活用。

未だ、チャージ方法や還元額の見方はうろ覚えですけど、販売店側のQRコードを読み取って金額入力する決済方法も、こちら側のバーコードを読み取ってもらって決済してもらうことは単独で出来るようになっていました。

お金が絡むと、やはりどんな人もスマホの操作方法を短期間のうちに覚えますね。

そんなこんなで、ものの2,3週間のうちに、あれよあれよと買い物を繰り返し、5,000円分くらいはPayPayの還元を来月受けられる予定のようです。

食料品に目をつけたPayPayはさすがだなと思わざるを得ませんね。キャンペーンが盛んな今のところは主婦の味方です。

9月からは食料品スーパーの加盟店が激増!

これまで、食料品を取り扱うスーパーは、地域も店舗数も限定されてました。

  • ロピア・・・東京、神奈川メインの激安スーパー
  • OKストア・・・ロピアと同じく東京、神奈川メインのスーパー(たぶん安い)
  • フードマーケットマム・・・静岡メインで現金決済のみだったスーパー(けっこう安かったような記憶。浜松時代、惣菜はよく買ってました)
  • スーパー マルハチ・・・阪神エリアのスーパー(行ったことがないのでコメントできません)

これらに加えて9月からは、メジャーどころもパートナーとして加わります。イトーヨーカドー、ライフ、そうてつローゼン、セイユー、大黒屋などなど。

そして、9月の高還元キャンペーンの対象店舗は下記の通りです。

8月から対象店舗が拡充したこともあるのか(単純にPayPayユーザーをかなり獲得できたから激アツ期間が終了しかけているのかも)、8月の最大20%に対してこちらは最大10%。私の条件では5%となっています。

キャンペーンを賢く活用しながらも無駄な買い物・消費をしないのが賢明

いくらPayPayイベントで高還元だからと言っても、無駄な買い物はしないよう心がけましょう。

(と言いつつも、お酒に関しては買い溜めしちゃっています。ハイボール愛飲用のブレンデッドウイスキーのホワイトホース、オンザロック・ストレート愛飲用のスコッチ・ジョニ黒、どうしても飲みたくなるビールにも気を使いグリーンラベル。これらをまとめて買うと自然と1万近くいってしまうのは止む無し・・・ありがとうPayPay)

PayPay以外にも楽天市場やらで、ポイントがたくさんもらえるキャンペーンだからと、それほど欲しいわけでもないものをつい買ってしまう、というような行動もオススメできません。

必要に応じて、必要なだけ買う。中途半端なものは買わず、高くても自分が気に入ったものだけを買う。

そんな中で、クレジットカードやら話題のPayPayなどを活用してみるのが良いかなと思って紹介した次第です。