自宅での筋トレが続かない人はこのアプリを試してほしい

昨日も今日も7km走ってきました。

テーピング効果が得られるワコールのCW-Xシリーズのタイツは長く愛用しています^^

雨は嫌ですけど曇り空でポツリポツリくらいなら走ってます。

走っているときのカラダの疲れはシューズが原因だった

やっぱりシューズの問題でした。

ここ半年くらい、ランニングして3kmもしないうちにすぐに足が疲れてとまるなーなんて思いながら走ってて。さほど距離を稼いでないのに疲れては少し歩き、また走る、走る、そして歩くの繰り返し。

これまでは履き心地だったり、履き飽きたりで交換してきたから、ソールの減りが原因でこれほどまでに足が疲れるなんて知らなかったわけですよ。単なる運動不足なのか体力の衰えなのかなんて思いながら走ってて。なにせ前のシューズのデザインめちゃくちゃ気に入ってたので(まだネットで販売されているなら普段履き用に買いたいくらい、、)。

見てくださいよ。豊かなソールのクッション。そしてつま先側がやや浮き気味で、走っているときに着地してから路面を蹴る時のスムーズな移行が容易に想像できるデザイン。うーん、いいわ〜。

この新作も前シューズほどではないにしてもデザインとカラーリングが相当気に入っていて、正直グリーンカラー(オリーブグリーン?)の同じものを普段履き用に買いたくなってしまうほど。会社員で私服通勤OKなら絶対買うな。うん。

とにかくもう最新の足に馴染み、かつ、適切なコンディションのシューズというやつはこれほどまでに違うのかと本当に実感した1週間なのでした。

しばらくランニングやジョギングから遠ざかっている人、ウォーキングに飽きてきた人は最新のかっこいい・かわいいシューズに交換してみるのほアリかなのかもと思ったり。

筋トレをやる時の腰の重さをテクノロジーで解決する

さて、冒頭の話が長くなりましたがようやくタイトルの件です。

私はこのアプリで解決しました。最初は無料の似たようなアプリを試して使ったものの、使い勝手と気分を上げる音楽がないので、全然やる気にならなくて。120円課金して使ってみたら、お値段以上ニトリどころではない神アプリでした。

まずはこちらをご覧ください。

マッチョがあり得ない物体をゴロゴロ動かしてますが、ブツは無視してください(笑)

とにかくこの音楽が鳴ったら、もうやるしかないんですよ我々は。筋トレを。

しかもタバタ式メソッドなので、やっている最中はとにかくしんどいけど、あっという間にトレーニングが終るのでダラダラしようがない。

流れとしてはこうです。

  • 音楽とともに20秒間全力でメニューをこなす
  • 10秒だけ休憩
  • 再び20秒間全力でメニューをこなす
  • これをトータルで8回繰り返して1セット。なので1セットはたったの4分。

私は3セットでメニュー組んでます。

なお、タバタ式でダッシュとジョグを繰り返すトレーニングを1セットやる場合は、4回目くらいのダッシュで酸欠となり脚も終わるので、覚悟してください(笑)。カラダがバラバラになる感覚ってこんな感じかーというメニューです。

ホリエモン氏のメルマガを購読していた時、ライザップから指導を受けて常日頃「スピードトレーニング」という呼称で実施されているようなのですが、おそらくタバタ式っぽいものを活用されていると思われます。(なにせあっという間に終わるから時間効率良すぎるので)

※ホリエモンの場合は、ダイエットというより普段好きなものを好きだなけ食べるための健康と体力の維持が目的と思われます

去年まではあの「ロッキーのテーマソング」が一番始めに流れる仕様(アプリ内に数曲入っています)だったのに、いつの間にかのアップデートとともに「なかったことに」なっていたのは、きっと大人の事情。

アプリのリンク先貼っておきます。毎回Youtube流せばタダなので、WiFi環境の場合はとりあえずそれでもいいかも。

iPhone用

https://apps.apple.com/jp/app/tabata-songs/id1331843150

Android用

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tabatasongs.tabataapp&referrer=utm_source%3Dapkpure.com

意思は弱い。モチベーションなんてない。

ジムにしても自宅にしても、筋トレをやるぞ!と思い立ちその日に実行するのは皆できるけれど、そっからなんですよね。試されるのは。

3日後に再び苦もなくスムーズにジムに行けるのかと。

はたまた直前まで自宅でスマホでマンガ読んでたのに急に自宅で筋トレに移行できるのか、ということですよ。

私の場合は自宅で筋トレを「よしやるぞ!」と始めても、まず最もハードな腕立て伏せの時点でしんどくて、2セット目、3セット目に行けない。途中で他のどうでもいいことが急に気になりだして中断してしまうことが多々でした。

ジムを辞めてから、これはどうしたものかと思いつつも再びジムにお世話になることをせずに(支出を減らして株式投資に回したかったから)、かれこれ2年ほどそんな感じの取り組みをしていたところに、タバタ式トレーニングを知り、上記のアプリと出くわしたというわけです。

ところで筋トレで良いカラダにするときにタバタ式が正しいプロセスかというというと、おそらくそうではないかもしれません。

少なくともジムでマッチョ達がタバタ式でトレーニングに勤しんでいる姿を見たことがないので。タバタ式の制限時間で最大回数を実施する方法ではなく、レップ数という概念で取り組んでいるはず。

自分の場合は、あくまでも「筋トレをやるスイッチ」として「タバタ式トレー二ングが便利」なので、アプリの「Tabata Songs」を活用しているだけ。

モチベーションなんてやる前からない。意思なんて超弱い。

行動した結果、副産物としてモチベーションがついでに生まれているに過ぎないです。

今は「習慣化」しているので、走らないとソワソワしますが。

好きなスポーツウェア着て、お気に入りのシューズを履いて走るのは気分がいいですよ。そして暑すぎず寒すぎず、花粉もない季節が◎。つまり夏の早朝に日没前、それと秋。お気に入りの音楽やVoicy、ポッドキャストがあれば最高。

今度皇居ランしてみようかな^^